身の潔白の証明には弁護士が必要

2017/7/14

逮捕されること。

これこそ、自分の人生をメチャクチャにしてしまうことかもしれません。犯罪に関わっていて逮捕されることは当然ですが、全く身の覚えのないことでも、逮捕されることがあります。

喧嘩、人身事故、淫行と、普通の生活の中に潜んでいる闇の側面に引きずり込まれて、不運にも逮捕されてしまったということがあるかもしれません。

テレビドラマでもあることなのですが、本当に身近な所に隠れ潜んでいるリスクなのかもしれません。

逮捕されてから、取り調べをしている時によくあるのが、弁護士を頼むこと。
黙秘で自分のことは一切、警察には伝えず、弁護士との面会で相談すること。このような場面がよくドラマでもあります。

ここで一番勇気づけられることは、外部の人との接触ができることです。逮捕されると72時間以内は、接見禁止となります。

この間は家族でさえ会うことが許されません。証拠隠滅や情報操作などの懸念があるからです。いくら本人にそのような考えや意思がなくても、面会が禁止されているのです。

しかし、弁護士はその限りではないのです。自分の身の潔白を照明させるためにも、弁護士の支援が必要なのです。

いくらでも自分には覚えのないトラブルでも、不利な状態に在ることは間違いありません。その状態を覆すためには、どうしても弁護士の力が必要になってくるのです。