車上あらしで逮捕された後、接見できなくて困っています

2017/7/14

路肩に一時停車しているワンボックスがありました。

誰でも乗っていないようで、助手席のドアが開いていたため、置いてあった鞄を盗みました。ところが、後部座席に1人女性が乗っていたようで、すぐさま警察に通報となったようです。

しばらくして路上にいるところで、尋問があり、警察署で事情聴取がありました。持っているものをすべて出し、車上荒らしが間違いないということで、現行犯逮捕となりました。

初犯だったもので、その後どうなっていくのかわかりませんでしたが、実際に車上荒らしした地点まで行って事細かく経緯を話しました。
いつごろ、どんなふうにして、車上あらしをしたのかです。写真や指紋も撮られ、犯罪をしていて犯罪に違いないわけですが、犯罪者扱いです。

今回の車上あらし以外にも何か犯罪をしていないかと尋問もありました。

逮捕となってからしばらくすると、留置場送りになり、もう1つの生活になりました。
1部屋に1人ならまだ気楽なものですが、4人ぐらいおりその犯罪内容はばらばらです。
車上あらしのほか、おれおれ詐欺で逮捕になった人もいるようです。犯罪内容を言わない人もいるようです。

こんな生活がいつまで続くのか当然不安になることから、接見を希望しました。
留置場の中は世間一般と違って、何もできない、環境がよくないわけで、接見して差し入れを貰ったり、外部との情報のやりとりをしたりして、なるべく外部の空気を吸いたいところです。

接見することは可能ですが、逮捕されてから勾留決定(72時間後)までは弁護士以外は面会できないことになっているようです。

さて、困りました。留置場の中には何もなく、1日中退屈です。いつも布団の中にいるわけにはいかず、外の明かりもほとんどありません。他の犯罪者と会話することぐらいです。